メニュー

IKEDA隊長ブログ

省エネ住宅/既存住宅

今週は、国策系の委員会や団体の会議の多い週でした・・汗

 

2020年の住宅の省エネ住宅適合義務化に向けて,様々な政策や制度が

はじまっています。この4月からは、大規模建築物については義務化が

スタート。いわゆる、国が定める省エネ基準の適合がなければ工事も

始められなくなると言うことですね。世界的な低炭素化社会に向け、国内

における建築部門でもこのような制度が急ピッチで進められています。

 

その中で住宅の省エネ性能を高める設計や施工の基準や手法などを

義務化される前にしっかり国内の技術者に学んでもらうために、5年前から

テキスト作成のもと全国的に講習会も開催されています。隊長もそのテキスト

づくりに携わっております。

 

先日は次年度の講習会テキストの検討を進めるべく委員会でもありました。

 

→講習会は「住宅省エネ技術講習会」

翌日・・

現在全国3000社の工務店団体「JBN・全国工務店協会」の理事と

政策調査部会の部会長を努めており、国土交通省の他、政策的な制度

説明を受けたり、意見交換を手がけたりしております。

 

全国17エリアのメンバーと共に日々、地域の住生活をより良いものに

していくべく、各エリアからの声も行政に届けさせていただいております。

 

 

近年は、省エネに関係すること、そして、既存住宅(中古住宅)の活用

方法等の政策が急務に進められております。

 

優良な既存住宅の登録制度も間もなく法律化かれる?→「安心R住宅制度」

 

専門技術者でも、情報の把握理解するのに大変な部分もありますから

このような事を噛み砕き、地域の消費者の方々にいち早く情報をお届け

できるよう対応して参ります!

 

 

 

隊長

 

 

 

 








こちらの記事もどうですか?:


    万が一の時、東京の応急仮設住宅として「木の家」も建ちます! *写真は東北の震災時に建設した木造の応急仮設住宅。…


    リンク先弊社との関わり国土交通省 経済産業省 林野庁 国土強靭化レジリエンス弊社池田が委員を務めます木を活かす推進協議会…


    国土交通省事業:省エネ講習資料作成ワーキンググループに参加国土交通省は、省エネルギー技術者講習の取り組みにおいて以下の2…


    現場での取組み 岡庭建設では、安全と快適さをデザインの基礎としています。 何故なら、家のデザインは品質が確保された上で成…


      『みんなで作る家』、これが私たちの家づくりです。   それは、いい家は住み手とつくり手が「一体となったとき…