メニュー

IKEDA隊長ブログ

既存住宅状況調査技術者

身内の不幸等もあり、しばしブログ更新がおそまつでしたが、これより「普通」!

 

に戻り書き綴ります・・笑。

 

さて、受講してまいりました。「既存住宅状況技術者講習会」

 

30年4月1日からの改正される宅建業法により

 

今後中古住宅の売買時に住宅の状況を調査斡旋が義務付けになります。

 

そう、インスペクション斡旋の義務付けです。

 

詳しい内容は隊長の以前のブログで。

 

国の法律(告示)により

 

これから中古住宅の売買時に建物の状況を調査して、売主、買主にその建物の状況を

 

(インスペクション結果)報告することが求められます。

 

私、家つくったから・・中古住宅買わないから関係無いー。と思っていても。

 

家をつくったり、新築住宅を買ったりしたその時点で既に中古住宅です。

 

でも、売却すること無いからー・・と思っていてもその時は突然訪れます。

 

ですから、万が一売却の際に状態の悪い建物だからと言われないためにも、日々しっかりした

 

メンテナンスが今後重要視されます。

 

そして、この状況を調査できる資格の前提が「建築士」のみと国の基準できまりました。

 

また、建築士でありつつ、「既存住宅状況調査技術者」の講習会を受講し考査に合格した

 

ものに、この調査のできる資格が与えられます。

 

今月5月から全国でその講習会が開催され、30年の4月からはじまる新たな法制度へ対応

 

できる建築士を順次増やしていく模様です。

 

建築士の多い、おかにわ建設、おかにわリフォーム工房でも10名弱のものがこの資格を近々

 

に所得します。そしてその先人を切り、隊長も受講して参りました。(第一陣、芹沢・堀内隊員も)

 

さて、その結果は・・・7月頃に発表が・・後は天命を待つのみです・・・笑。

 

また、ご報告します。

 

*新築の家づくりだけでなく中古住宅のことについて相談したいことは

 

隊長の相談箱へ

 

 

 

 

隊長

 








こちらの記事もどうですか?:


    H26年度国土交通省『中古不動産取引における情報提供促進モデル事業』に採択されました!     中古住宅流通市…


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…


    リンク先弊社との関わり国土交通省 経済産業省 林野庁 国土強靭化レジリエンス弊社池田が委員を務めます木を活かす推進協議会…


     おかにわの取組・企業姿勢が評価されました!      東京都信用金庫協会 優良企業表彰式って?東京都信用金庫協会 優良…


      『みんなで作る家』、これが私たちの家づくりです。   それは、いい家は住み手とつくり手が「一体となったとき…