メニュー

IKEDA隊長ブログ

みたかソーラーハウス完成/三鷹市

三鷹市で建築中でした、「みたかソーラーハウス」が完成いたしました。

 

そして、先週末完成見学会が開催され、自然エネルギーの暖かさなどを体感しに多数の方々

 

がお越しになられました。玄関入った瞬間「暖かい!」との言葉を発する方々も多かったです。

 

 

さて、「みたかソーラーハウス」は自然エネルギー「そーらーれん」「そよかぜ」を利用

 

しています。冬は暖房エネルギーとして家中を暖かくして、夏にはその熱を利用して、お湯

 

を取る仕組みも併設されています。最近はこの11月でも晴れると気温が少し高め。

 

以前よりも温暖化のせいか、お湯づくりの期間も長くなったような気がします。

 

でも、その恩恵はしっかり頂きましょう。隊長の家も昨日は湯温40度程ありましたから、

 

お風呂も沸かさずにまで行きませんでしたが、ほぼほぼ太陽エネルギーでまかないました。

 

 

 

さて、室内もおかにわの家造りらしく、木と自然素材。そして、家具なども大工職人の手仕事

 

で造られています。みたかソーラーハウスは、キッチンや食器棚、そしてテレビ台などの家具類

 

も職人技術かつマイサイズ!。世界に一つの家具ですね!。

 

より、自然素材の空間が際立ちます!

 

という事で報告になりましたが、多くの方々に「みたかソーラーはうす」の魅力を堪能していただ

 

けたようです。以降4週連続でイベントが開催されます。

 

次週は、西東京市民まつりこちらは若手大工達が箸作りを手掛けます。

 

その後は、練馬区、西東京市、中野区で完成見学会が続きます。→イベント情報を御覧くださいね

 

また、その魅力なども伝えてまいりますね!

 

 

 

 

 

隊長

 

 

 








こちらの記事もどうですか?:


      これからの住宅には「R」がつく。R-eco house   東日本大震災以降、私たちの住まいに対…


        住まいをもっと賢く、スマートにしよう。   「エネルギーをできるだけ使わない住まいづくり」 &nbsp…


    ki-bako ecoのススメ 木箱のさらにもっと先へ。未来を見据えた性能を。  Ki-bako eco コン…


      一歩先を行く、これからのエコ・ハウス  岡庭建設が考えるこれからのエコ・ハウス「R-ECO HOUSE」は…


     ドイツのエコロジー博士たち(全員女性)が作った自然塗料1972年に、ドイツで数人のエコロジー博士たちが「温故…