メニュー

IKEDA隊長コラム

「東海木造住宅協会/岐阜」にて講演

一昨日は、工務店の最大団体、JBN・全国工務店協会の、東海支部でもある

「一社)東海木造住宅協会」の総会が行われ、微力ながら、総会の基調講演

を依頼され登壇するために岐阜入です。

 

テーマは「既存住宅流通の可能性と成功に向けて」

 

今後、空き家を含め、家が余って来る時代を迎えます。

いわゆる中古住宅、既存住宅も増えて来るわけですが、中古住宅を購入を選ぶ際に

工務店が住宅検査(インスペクション)やリフォームを踏まえ進めることは重要です。

故に工務店と不動産が連携して行くことが必須の時代に!と。

 

 

自分の登壇シーンはないですが、当日は来賓で岐阜県庁様、それから、東京から

ベターリビングという、優良住宅部品の認定団体(住宅履歴等も)様も来賓として

出席され挨拶されていました。

 

 

その後基調講演として隊長が登壇させていただきました。

 

主な内容は、おかにわグループの取り組むワンストップサービスの話や、現在不動産連携

を進めている地域ワンストップをプロデュースしたときのお話です。

 

おかにわグループは工務店と不動産が一体的に行動するので、自社で中古住宅の取引

だけでなく、リフォーム費の想定などを含めた総額を予想しながら購入することができ

ますが、不動産部をもっている工務店が少ないため、コラボする方法などを含め幅広い

情報やその手法などをお話しました。

 

 

昨今、おかにわの家造り等の話ではなく、工務店と不動産連携についての講演が多い

ですね。これは、まさしく時代背景を意味しているからでしょう。

 

 

隊長

 








こちらの記事もどうですか?:


    岡庭建設は、地域に根差す一工務店として市や都、国に提言すべく、様々な団体に所属し、地域の良好な住環境と木造建築物の整備に…


    H26年度国土交通省『中古不動産取引における情報提供促進モデル事業』に採択されました!     中古住宅流通市…