メニュー

スタッフブログ

『ひだりまの家』の基礎

立ち上がりコンクリート打設を終えて型枠の取れた『ひだりまの家』

 

美しい基礎が現れました!

 

%e5%9c%9f%e5%b1%8b%e9%82%b8%e5%9f%ba%e7%a4%8e-640x640 

 

ここからは、コンクリートの強度が出るまでは、配管作業や先にやっておいた方がよい作業などを行なって、上棟の日を待つことになります。

 

工事は一歩ずつですが、着実に進んでまいります。

 

設計チーム 芹沢

 








こちらの記事もどうですか?:


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


    ご要望をそのままカタチに。 住まい手ひとりひとりのライフスタイルや個性に合わせてつくる「自分流の家」。それがO…


    ki-bako ecoのススメ 木箱のさらにもっと先へ。未来を見据えた性能を。  Ki-bako eco コン…


    住まいの性能って?電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。それは決して「広さ」や「設備の…


      マンションモデルルーム 「木ノベーションスタジオ - ひばりヶ丘 -」   中古マンションの一室と聞いて…