メニュー

スタッフブログ

贈与の話 その5

贈与の話 その5です。money_zeikin

 

その3、4では暦年課税の一般贈与財産と特例贈与財産の計算方法について書きました。

 

では、両方ある場合はどうでしょう?

 

例えば、配偶者から100万(一般贈与財産)、両親から400万(特例贈与財産)の合計500万贈与を受けた場合です。

 

この場合、ちょっと計算方法が面倒になります。

 

①まず500万全てを一般税率で計算して、そのうちに一般贈与財産の占める割合分を計算します。

 (500万-110万)×20%-25万=53万

 53万×100万/500万=10.6万

 

②次に500万全てを特例税率で計算して、そのうちに特例贈与財産の占める割合分を計算します。

 (500万-110万)×15%-10万=48.5万

 48.5万×400万/500万=38.8万

 

③①と②を合計します

 10.6万+38.8万=49.4万

 

 

どうです?ちょっと面倒でしたよね。

 

ここまでが、贈与税暦年課税の基本です。

 

次回は、贈与以外の話になるかもです。

 

豊村

 

 

 

こちらの記事もどうですか?:


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


    土地探し、家づくり、家まもりの土台となる資金計画。 なぜ、資金計画が必要なのか、ここでは資金計画のイロハについ…


    参加ご希望のイベントにチェックし、お客様情報をご入力の上送信ボタンをクリックして下さい お申し込み前に必ずこちらをご一読…


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…