メニュー

スタッフブログ

木箱ガルテンⅡ、現場レポート。

こんばんは。

 

現在施行中の西東京市、木箱ガルテンⅡ。

 

ただいま広報チーム、工事チームが協力して毎日着実に進む工事現場状況を
交代で撮影を行い記録をしております。

 

安全と快適さをデザインの基礎としている岡庭建設の家。

長い時間を共に過ごす住まいだからこそ、見た目の格好よさだけでは困りますよね。

 

見えない部分にまでしっかりと作業をいたします。

 

 

こちらは捨てコンクリートと呼ばれる、墨出しと呼ばれる基礎の位置を決める作業を容易に、
さらにより正確なものにするためにコンクリートを平らに敷く作業風景です。

 

家が建ってしまうと見えなくなってしまう部分なのですが

ここで捨てコンクリートがピシッと平に敷かれていないと、
この後に作業に影響がでてしまいます。

 

職人さん、真剣です。

 

_mg_0405-copy

 

仕上げ作業です。うつくしいですね〜!

 

_mg_0425-copy

 

_mg_0449-copy

 

〜翌日〜

 

墨出しと基礎部分の外枠を決める作業風景です。

 

_mg_0637-19-26-02-copy

 

_mg_0618-copy

 

こちらもビシッと美しいですね〜。

 

_mg_0638-copy

 

おや・・・?

 

誰よりも先に現場にきていたみたいです^^

 

_mg_0641-copy

 

こうして構造の基礎部分の外周部を決めます。

 

_mg_0654-19-25-57-copy

 

_mg_0624-19-25-57-copy

 

 

 

とりあえず本日はここまで・・・

 

またご報告いたします*

 

 

佐藤

 








こちらの記事もどうですか?:


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


      マンションモデルルーム 「木ノベーションスタジオ - ひばりヶ丘 -」   中古マンションの一室と聞いて…


    住まいの性能って? 電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。 それは決して「広さ」や「設…


    ご要望をそのままカタチに。 住まい手ひとりひとりのライフスタイルや個性に合わせてつくる「自分流の家」。それがO…


    地域に根ざして45年。おかにわは地域と、あなたと、歩みます。おかにわグループはたくさんの人達に支えられて、お陰さまで45…