メニュー

スタッフブログ

家具もたまにはメンテナンス。

こんばんは。

 

今回も前回に引き続き平時に楽しく有事に活躍する

災害対応型住宅 R-ecohouseでのお話です。

 

 

_mg_0493-copy

 

11月に入り空気が乾燥しているのを肌で感じるようになりました。

 

モデルハウスに設置している無垢材の家具たちもそれを感じ取っているようで、

 

オイル仕上げのダイニングテーブルなんかはオイルが抜けてきて汚れがつきやすくなってきました。

 

また、オイル仕上げの家具は木肌を楽しめる分塗膜は薄く乾燥にも弱いため、

乾燥し始めるこれからの時期にはメンテナンスがオススメです!
(極度に乾燥するとまれに反ったり割れたりする可能性がございます。)

 

 

・・・ということで先日オイルメンテナンスをいたしました!

 

オイルメンテナンスといってもとても簡単。

 

おうちにある綺麗な布きれに市販の家具用オイルを染み込ませて拭いていくだけです。

 

キズなどメンテナンスする場合は紙やすりなどが必要になりますが、

 

まだそこまでキズやシミが目立っているわけではないので

 

今回はオイルを染み込ませるだけの簡単なメンテナンス方法にいたしました。

 

 

コツは・・・木目にそってまんべんなく塗れているかどうかです。

(自分のお肌に乳液を塗るのと同じような気持ちでお願いします。)

 

_mg_1424-copy

 

一度塗り終えたら、余分なオイルが浮き出てくるので
それをしっかりと乾いた布で拭き取ってください。

 

ここでムラがでないようにしっかりと丁寧に拭き取ってくださいね。

あとでオイルのシミやべたつきが残ります。

 

_mg_1429-copy

 

これでOK!!

 

あとは一晩乾かします(放置)。

時期にもよりますが乾かす時間が必要になりますので、

 

ダイニングテーブルなどですと夕飯後がよろしいかと思います^^

食後の一仕事頑張ってください!

 

 

 

 

翌日・・・

 

_mg_1663-copy

 

潤っているように見えますが、完全に乾いております*

残念ながらうっかりメンテナンス前の写真を撮り忘れたのでお見せすることはできませんが、

 

以前あったシミもきれいさっぱり目立たなくなりました^^

 

シミや汚れがつかないようにと使い方に敏感になってしまう方も

なかにはいらっしゃるかと思いますが、

 

オイル仕上げの家具ですとこのようにメンテナンスが行えますので

 

少し気持ちが楽になるかと思います♪

 

むしろ手入れをする度にどんどん愛着が湧いてきますよ^^*

 

 

*使えるオイルの種類は家具によって異なる場合がございますので、

各店舗、メーカーさんにお問い合わせください。

 

 

最後におまけ・・・

_mg_1649-copy

▼廊下も居場所に。

夕方になるとこの時期綺麗に西日が入ってきます。

 

モデルハウスの人気スペースのひとつです♪

 

 

 

ぜひ体感しにいらしてください^^

 

R-ecohouseはコチラ。

 

広報 佐藤

 








こちらの記事もどうですか?: