メニュー

スタッフブログ

おうちとお金の話 その14

連投します。

 

このところ支払方法について書いてきましたが、契約金という言葉が何度か出てきました。

そもそもこの契約金とは、どのような性格のものでしょう?

 

まずは分譲住宅・中古住宅の購入時の契約金です。

 

契約金とは、「この家を買います」という意思表示です。

順調にいけば、引渡時に残金を支払い、晴れてその家は自分のものとなります。

 

この契約金、決して安い金額ではありません。なぜでしょう?

それは、「契約をしたからには、必ず買ってくださいね・売ってくださいね」という意志が込められています。

ですから、契約書をよく見ると、売主・買主の都合で契約解除をした場合には、ペナルティが課されることになっています。

 

買主の都合で契約を解除した場合、売主からすると、利益を得られなくなるばかりでなく、他に購入をしたいという人がいたかもしれないのに、そのチャンスを逃してしまうということにもなります。

従いまして、ペナルティとして契約金放棄となり、契約金は返還されないという事になります。

 

売主の都合で契約を解除した場合ですが、買主の購入意思が蔑ろにされてしまうことになります。

従いまして、ペナルティとして契約金返還だけでなく、その契約金と同額を上乗せして支払う、いわゆる倍返しをすることになります。

 

ただし、この契約解除にはローン特約というものがついてたりします。

買主が住宅ローンを利用する場合、金融機関の審査に通らずローンが組めず、契約解除になる時があります。この場合はペナルティは発生せず、契約金は全額返還されることになります。

 

家を購入する場合、絶対にこの家が欲しいと思えるまでは、安易に契約しないようにしましょうね。

 

豊村

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

 

 

 

 

 

 








こちらの記事もどうですか?:


    土地探し、家づくり、家まもりの土台となる資金計画。 なぜ、資金計画が必要なのか、ここでは資金計画のイロハについ…


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


      おかげさまで、OKANIWAは45周年を迎えました。 地域密着型の工務店として、長年皆様に愛されて参りまし…


    参加ご希望のイベントにチェックし、お客様情報をご入力の上送信ボタンをクリックして下さい お申し込み前に必ずこちらをご一読…


      檜・杉・パインを使用した無垢材  檜国産材白木の代名詞とも言えます。非常に香…