メニュー

スタッフブログ

障子 ~とおりみちの家~

和室を引き立たせるの大事な要素の一つに障子があります。

 

岡庭建設では断熱性と機能性を兼ね備えた障子を間仕切りに良く使うのですが、

障子の割り付け一つとっても、少しも気が抜けません。

 

割り付けパターンを20程度考え、その中から一つに決めていきます。

さらに組子(障子の骨組)のサイズを決めて見え方を想像していきます。

 

写真は「とおりみちの家」の小上がり畳とリビングを仕切る障子です。

しっかりした骨組みの中に繊細な表情がある良い障子が出来上がりました。

 

「とおりみちの家」の見学会は2/18(土)・2/19(日)となっております。

完成が楽しみですね。

 

岡庭建設 持田

 








こちらの記事もどうですか?:


    オープンスペースを2区画に間仕切る工事がはじまりました。         &nb…


    リフォーム部の堀内です。 3F鉄骨造のリフォームの続きです、 床はヒノキの床材に張り替え、&nbsp…


    リフォーム部の堀内です。 3F鉄骨造のリフォームの続きです、 床はヒノキの床材に張り替え、&nbsp…


    岡庭建設は、地域に根差す一工務店として市や都、国に提言すべく、様々な団体に所属し、地域の良好な住環境と木造建築物の整備に…


    建ててからもずっと安心。岡庭建設の「安心できる保証」。 「工務店って、建築中や家を建てた後は、どんなサポートを…