メニュー

スタッフブログ

「ふたえ木の家」の大工さんのお仕事

「ふたえ木の家」はちょうど断熱材が入ったところ

 

 

 断熱材が隅々まで入っているのかを確認する「断熱検査」は、社内で行なっている検査で、工事と設計がそれぞれに確認をしていきます。

 

いつもながら、しっかり入っていますね~

 

あれ???天井に隠れるところの断熱材は浮いていないかしら???

 

 

よく見るとしっかりとボードで梁に固定されていました。

 

そう、住宅省エネルギー技術者講習で教わった面(ボード)でしっかりと断熱材を押さえる技術が使われていたのです。

 

芸が細かいですね^^

 

 

丁寧な大工さんのお仕事に頭が下がります<(__)>

 

設計チーム 芹沢

 








こちらの記事もどうですか?:


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…


     古紙を再生利用した断熱材、セルロースファイバー新聞残紙などの木質維持(木材の繊維)を主原料としたバラ綿状の断…


    現場での取組み 岡庭建設では、安全と快適さをデザインの基礎としています。 何故なら、家のデザインは品質が確保された上で成…


      おかにわの経営理念代表取締役 岡庭伸行一、「絆」を結い お客様から永遠に好かれる 一、…


      檜・杉・パインを使用した無垢材  檜国産材白木の代名詞とも言えます。非常に香…