メニュー

スタッフブログ

社会保険について その2

前回に続いて、健康保険についてです。

 

前回は、支払う保険料について、協会けんぽと組合健保には違いがあることを書きました。

 

今回は、やはり支払う医療費の違いについてです。

 

窓口で支払う医療費については、協会けんぽも組合健保も3割負担で変わりません。

7割は健康保険が負担するのですが、これを法定給付と言います。

 

何が違うのかというと、組合健保には付加給付というものが存在します。

 

健康保険には、高額療養費制度というものがあり、自己負担額が一人月額約85,000円を超えないようになっています。

ところが、組合健保では付加給付により、自己負担限度が25,000円まで下がることになっています。(組合により違いがあります)

 

支払う保険料も医療費も安くなる組合健保ですが、現在その7割が赤字で、付加給付を廃止したり、解散して協会けんぽに移行するなど減少傾向にあります。

 

自分の健康保険が、協会けんぽなのか組合健保なのか、一度確認してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊村

 








こちらの記事もどうですか?:


    リンク先弊社との関わり国土交通省 経済産業省 林野庁 国土強靭化レジリエンス弊社池田が委員を務めます木を活かす推進協議会…


       おかにわの完成保証大切なお住まいは必ず完成します 家を建てる……それは人生において一…


     おかにわの取組・企業姿勢が評価されました!      東京都信用金庫協会 優良企業表彰式って?東京都信用金庫協会 優良…


    大切なお住まいは必ず完成いたします。家を建てる・・・それは人生において一番大きな買い物です。大きいだけに、誰もがいろいろ…


    採用情報    私たちと一緒に住まい手に喜ばれる 心地よい家づくりをしましょう。 元気とやる気のある方大募集!!    …