メニュー

スタッフブログ

社会保険について その6

今回は、二階建て年金制度の二階部分、厚生年金についてです。

 

厚生年金は、企業に勤める会社員や、公務員などが加入することができます。

基本的に、協会けんぽや組合健保と同時に加入することになります。

 

こちらは、国民年金と違い、20歳前でも加入することができます。例えば中卒で企業に勤めたならば、15歳から加入できるわけです。

 

厚生年金の保険料は、協会けんぽと同じように、給料(報酬月額)により変動し、このところ毎年少しずつその料率が上がっています。
その上昇は平成16年から毎年0.354%ずつ上昇し、今年平成29年9月に18.3%となったところで固定される予定です。

 

厚生年金については次回も続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


    木に最も適した安全な油性塗料、オスモカラー木は呼吸している再生可能な自然の植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)と自然の…


     おかにわの取組・企業姿勢が評価されました!      東京都信用金庫協会 優良企業表彰式って?東京都信用金庫協会 優良…


    ki-bako ecoのススメ 木箱のさらにもっと先へ。未来を見据えた性能を。  Ki-bako eco コン…


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…