メニュー

スタッフブログ

木箱ガルテン2の内装工事の様子。

 

着々と完成に近づいてきた「木箱ガルテン2 F号棟」

 

現在内装工事の真っ只中。

 

今回はクロスを貼る作業を少しご紹介・・・。

 

 

まず石膏ボードの面取りされたつなぎ目や釘などの凹凸など

 

余すところなくパテで埋めます。

 

美しく仕上げるためにも下地からしっかりと施工します。

 

(絵画に見えてちょっとおしゃれ・・・?!)

 

 

自動クロス糊付・切断機が稼働しているところをみれました。

 

余談ですが、この機械、日本がはじめに発明したそうです!

 

手動で糊付けされていた時よりも早く、そして正確さが増しました。

 

昔からの職人技を受け継いでいきながらも、

 

新しい技術を受け入れ そして取り入れていくのも大切なんですね。

 

 

職人さんの手さばき、お見事です〜。

 

ピシッとはられたクロスをはる手さばき、みていてとても気持ちが良いですね。

 

 

 

隅までピッチリ隙間なく貼られていきます。

 

 

おかにわの家の多くはオガファーザーと呼ばれる、

 

ウッドチップを使用した天然の壁紙を使用することが多いです。

 

健康的で環境に優しく、効果としては自然素材ならではの調湿効果などがあります。

 

詳しくはコチラをごらんください。

▶︎ オガファーザーとは

 

 

他にも建具の取り付け作業など、完成が少しずつみえてまいりました。

 

先週棟梁が造っていた玄関の収納が完成しておりました。

 

▼先日の様子

 

▼本日

 

職人さんの手作業で造られた家具だと思うと

 

とても愛着がわきますね・・・^^

 

 

 

 

こちらの木箱ガルテン2 F号棟は現在販売中で、

 

5月28日(土)29(日)には現地販売会を開催する予定となっております。

(*お客様が決まり次第、終了となります。)

 

 

一足お先ににご覧いただきたい方は

 

おかにわグループ「岡庭不動産」までお問い合わせください。

(5/3~5はGW休業となっております。)

 

 

 

広報 佐藤

 

 

こちらの記事もどうですか?:


      2017年5月16日   年間の優秀だった職人さんを表彰する   おかにわワークスアワ…


    最新号☆ただ今配布中!  季刊誌 すみ・つむぎ一度買ったら、なかなか買い換えられないもの。それが住ま…


    マナー・安全管理にご理解ご協力下さい岡庭建設の建物見学会は、基本的に住まい手様のご注文により建築している建物をご覧頂いて…


    建ててからもずっと安心。岡庭建設の「安心できる保証」。 「工務店って、建築中や家を建てた後は、どんなサポートを…


    ウッドチップ壁紙(天然壁紙)のオガファーザーオガファーザーとはオガファーザーは、1864年、ドイツにあるブッターバール市…