メニュー

スタッフブログ

いわいみちの家です。

 

   整然と並んだ基礎の配筋工程を終え、監督、設計、第三者の機関のトリプル検査を通過し、

     耐圧コンクリート打設です。どんどん見えなくなってゆく箇所なので、チェックも入念です。

 

 

 

     ポンプで吸い上げられたコンクリートを、レーキでならし、バイブレーターで隙間なく流し、

        建物の重量をしっかり支え、地盤面に伝える(ベース」コンクリートを造りあげます。

 

        

 

 

      見えなくなるところも、見てほしい。   おかにわ品質です。

 

                            工事 田中








こちらの記事もどうですか?:


      住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。   しかし、街はコンクリートや新…


    ご要望をそのままカタチに。 住まい手ひとりひとりのライフスタイルや個性に合わせてつくる「自分流の家」。それがO…


    住まいの性能って? 電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。 それは決して「広さ」や「設…


        住まいをもっと賢く、スマートにしよう。   「エネルギーをできるだけ使わない住まいづくり」 &nbsp…


    ki-bako ecoのススメ 木箱のさらにもっと先へ。未来を見据えた性能を。  Ki-bako eco コン…