メニュー

スタッフブログ

生クリーム

建て方からあっという間に10日が過ぎた「いまそらの家」

 

外からはブルーシートで包んでいるので見えませんが、中では甘い匂い(?)が・・・

 

 

岡庭建設では基礎の内側に断熱材を張っています。

 

コンクリートの基礎は熱を蓄えやすい性質を持っています。

外気に触れる部分は、夏は日が落ちてからも熱を持ち、

冬は昼間でも冷え切っています。

 

その熱を床下に伝えないように、外周部には断熱材を敷き詰めます。

 

きちんとした断熱のためには隙間は厳禁。

生クリーム 断熱フォームをたっぷり塗って隙間を埋めます。

 

切れ目なく、きちんとフォームが充填されているかどうか。

これを確認するのも現場担当の仕事です。

 

基礎断熱の様子

母の日は 泡立て過ぎて失敗したなあ・・・

 

ふと、先日 子供達と作ったケーキを思い出しました。

 

 

工事チーム 森

 








こちらの記事もどうですか?:


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…


    おかにわの家づくり、リフォーム、そして木ノベーションは 地球環境と健康に配慮した、厳選された建材を使用していま…


     古紙を再生利用した断熱材、セルロースファイバー新聞残紙などの木質維持(木材の繊維)を主原料としたバラ綿状の断…


    リフォーム部の堀内です。 3F鉄骨造のリフォームの続きです、 床はヒノキの床材に張り替え、&nbsp…