メニュー

スタッフブログ

受け入れ検査

本日、天気晴朗にして、風おだやかです。

 

「風立ちぬ家」は、耐圧コンクリート打設の日なのです。

 

朝一番、ミキサー車が、生コンクリートを積んで

 

現場にやってまいりましたが、直ぐに打設作業には、入れません!!

 

当社においては、構造用のコンクリートは、必ず「受け入れ検査」

 

を行っており、その検査による合格の確認後、はじめて打設作業

 

が、開始出来るのです。

 

本日も、第三者機関の立ち合い下、スランプ値、空気量、塩化物量

 

の検査、合格のもと コンクリートの打設作業に移りました。

 

「受け入れ検査」も厳格です。  岡庭品質    

 

                    黒澤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スランプ値、空気量、塩化物量の検査の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査の確認後、生コン打設の様子

 

こちらの記事もどうですか?:


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


    ご要望をそのままカタチに。 住まい手ひとりひとりのライフスタイルや個性に合わせてつくる「自分流の家」。それがO…


    住まいの性能って?電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。それは決して「広さ」や「設備の…


        住まいをもっと賢く、スマートにしよう。   「エネルギーをできるだけ使わない住まいづくり」 &nbsp…


      マンションモデルルーム 「木ノベーションスタジオ - ひばりヶ丘 -」   中古マンションの一室と聞いて…