メニュー

スタッフブログ

社会保険について その13(厚生年金支給)

今回も厚生年金の支給についてです。

 

国民年金の支給額は、加入期間の月数のみで変動していました。

厚生年金の支給額は、加入期間の他に、加入期間中の平均給与が計算要素として必要になります。

 

その計算方法は、平均給与×一定乗率×加入期間となります。

 

ただし、上記の計算は方法は、平成15年3月以前と4月以降で変わってきます。

 

平成15年3月以前は、平均月収×7.5/1000×加入期間

平成15年4月以後は、年収÷12×5.769/1000×加入期間

 

上の式は、毎月の給料の平均ですが、下の式は、賞与までを含めた年収を12で割った金額となっています。

 

平成15年3月以前から勤めている人は、計算がかなり複雑になりますね。

 

今回はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


    採用情報    私たちと一緒に住まい手に喜ばれる 心地よい家づくりをしましょう。 元気とやる気のある方大募集!!    …


     おかにわの取組・企業姿勢が評価されました!      東京都信用金庫協会 優良企業表彰式って?東京都信用金庫協会 優良…


    住まいの性能って? 電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。 それは決して「広さ」や「設…


    「おかにわの家」は全棟「長期優良住宅」に準ずる仕様です平成18年6月に住宅業界の「憲法」とも位置づけられる「住生活基本法…


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…