メニュー

スタッフブログ

社会保険について その16(厚生年金支給停止)

今週も、厚生年金の支給停止についてです。

 

先週、厚生年金の支給停止は働いている場合だと書きました。

だからと言って、働いているから必ず支給停止になるわけではなく、また、厚生年金のすべてが支給停止になるわけでもありません。

 

その基準になるのが、「基本月額」と「総報酬月額相当額」です。

 

「基本月額」とは、ざっくりいうと、支給されるべき厚生年金(加給年金部分を除く)の月額です。

 

「総報酬月額相当額」とは、同じくざっくりいうと、「月給」プラス「賞与の合計額÷12」です。

 

この「基本月額」と「総報酬月額相当額」の合計額が、支給停止の基準となります。

やっぱりざっくりいうと、毎月の厚生年金と給料の合計額が、いくらなのかということです。

 

さらに詳しくは、次回に続きます。

 

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


    採用情報    私たちと一緒に住まい手に喜ばれる 心地よい家づくりをしましょう。 元気とやる気のある方大募集!!    …


      一歩先を行く、これからのエコ・ハウス  岡庭建設が考えるこれからのエコ・ハウス「R-ECO HOUSE」は…


    設計力 〜品質の上にDesignする〜   OKANIWA STYLEがこだわるのが「設計…


    品質の上にDesignする 住まいは多くの人にとって、人生で一番大きな買い物になります。 そこで忘れてはならな…


     おかにわの社内コミュニティーお客様を笑顔にするにはまず自分たちが笑顔に おかにわは独自の社内コミュニティーを…