メニュー

スタッフブログ

社会保険について その34(障害年金)

今回は「障害年金」についてです。

給付を受けることができる年金については、これが最後になります。

 

障害年金とは、病気やけがなどで生活や仕事などが制限されるようになった場合に、受け取ることができる年金です。

 

よく身体や精神の障害により障害者手帳の交付を受けている人が対象となると勘違いされますが、そうではありません。

 

ただし、この制度はかなり複雑ですので、ざっくり軽く書いていきます。

 

障害年金も、老齢年金や遺族年金のように、障害基礎年金と障害厚生年金があります。

 

それぞれの内容はまた次回以降に書いていきたいと思います。

 

 

 

重い病気で入院している人のイラスト

 

豊村








こちらの記事もどうですか?: