メニュー

スタッフブログ

社会保険について その34(障害年金)

今回は「障害年金」についてです。

給付を受けることができる年金については、これが最後になります。

 

障害年金とは、病気やけがなどで生活や仕事などが制限されるようになった場合に、受け取ることができる年金です。

 

よく身体や精神の障害により障害者手帳の交付を受けている人が対象となると勘違いされますが、そうではありません。

 

ただし、この制度はかなり複雑ですので、ざっくり軽く書いていきます。

 

障害年金も、老齢年金や遺族年金のように、障害基礎年金と障害厚生年金があります。

 

それぞれの内容はまた次回以降に書いていきたいと思います。

 

 

 

重い病気で入院している人のイラスト

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


    土地探し、家づくり、家まもりの土台となる資金計画。 なぜ、資金計画が必要なのか、ここでは資金計画のイロハについ…


      おかにわの経営理念代表取締役 岡庭伸行一、「絆」を結い お客様から永遠に好かれる 一、…


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


      檜・杉・パインを使用した無垢材  檜国産材白木の代名詞とも言えます。非常に香…


     おかげさまで「家づくり学校」は、西東京市から認められた学校になりました!  西東京市一店逸品事業  よいもの発見!逸品…