メニュー

スタッフブログ

屋根の点検

現状の劣化状況を確認しずらい屋根は、随時目視確認が難しい為、
劣化の進行にいち早く気付くためにも定期的な点検を行うことをお勧めします。
(点検の大まかな目安としては10年に1度。敷地・建物状況によっては屋根に上がっての点検が困難な場合がございます。)
 
今回の物件は、外装工事の為足場設置期間中に点検を実施しました。
 
 
 
弊社の建物は、ほとんどがガルバリウム鋼板という材で葺いた屋根です。
軽くて丈夫で耐久性に優れている屋根材ですが、稀に落下物により凹みキズなどから腐食がみられることもあるので全景確認します。
その他、雪止め金物が一部欠落していたり、ソーラーのガラスの割れやパッキンの欠落があったり、トップライト廻りのコーキングが切れていたり…
といった場合もある為、チェックをします。

早めによくないところを発見し、早目に手直しを行うことで長持ちさせるよう
対応に我々は心掛けています。
 

リフォーム工房 外丸








こちらの記事もどうですか?: