メニュー

スタッフブログ

税制改正について その2

税制改正についてその2です

 

前回前振りだけで終わった、印紙税の特例措置の内容について書いていきます。

 

まずは、不動産売買契約書に貼る印紙です。

 

例えば、4000万のマンションを買おうとしていたとします。

この時売買契約書を交わすことになりますが、その時に貼る印紙は原則(本則)では2万円です。

ですが、特例ではその半額の1万円になっています。

 

6000万の土地建物を購入しようとしている場合では、本則では6万円のところ、特例では半額の3万円です。

 

結構大きいですよね?

 

細かく言うとこんな感じになります。

 

 

なかなか億を超える契約はないですが、それ以下でも特例に半額になってます。

期限が延長になってよかったですね。

 

豊村

 

 








こちらの記事もどうですか?:


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


     おかにわの社内コミュニティーお客様を笑顔にするにはまず自分たちが笑顔に おかにわは独自の社内コミュニティーを…


    土地探し、家づくり、家まもりの土台となる資金計画。 なぜ、資金計画が必要なのか、ここでは資金計画のイロハについ…


      『みんなで作る家』、これが私たちの家づくりです。   それは、いい家は住み手とつくり手が「一体となったとき…


     ドイツのエコロジー博士たち(全員女性)が作った自然塗料1972年に、ドイツで数人のエコロジー博士たちが「温故…