メニュー

スタッフブログ

税制改正について その3

今回は建物かかる税金についてです。

 

・固定資産税

 

現在、新築住宅に対する固定資産税には特例措置があります。

 

その内容は、新たに課税される年度から3年間通常の税額の1/2にする(長期優良住宅は5年間)というものです。

 

実はこの措置も、その期限が平成30年3月31日まででしたが、こちらも今回の税制改正により、2年間期限が延期されることとなりました。

 

 

・不動産取得税

 

土地や建物を新たに取得すると、不動産取得税が課税されます。

 

ただし、一般の住宅については、課税の基準となる課税標準額から1200万円控除できます。

 

 

この不動産取得税にも特例措置があり、長期優良住宅に限り課税標準額から1300万円控除することができます。

 

ですが、この特例措置も平成30年3月31日が適用期限でしたが、税制改正によりその期限が2年延長されました。

 

 

このように税金には結構特例措置が設けてあります。

もし今年度予算案が可決されていなかったらと思うと、ちょっとドキドキしてしまいますね。

 

 

 

固定資産税のイラスト(家屋)

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


    H26年度国土交通省『中古不動産取引における情報提供促進モデル事業』に採択されました!     中古住宅流通市…


    「木箱の家」の家づくりがそのまま分譲に。 おかにわで人気のセミオーダー住宅「木箱の家」。この「木箱の家」が土地…


     おかにわの取組・企業姿勢が評価されました!      東京都信用金庫協会 優良企業表彰式って?東京都信用金庫協会 優良…


    リンク先弊社との関わり国土交通省 経済産業省 林野庁 国土強靭化レジリエンス弊社池田が委員を務めます木を活かす推進協議会…