メニュー

スタッフブログ

税制改正について その5

今回は家とは関係ないのですが、新たに始まる課税制度について書いていきます。

 

・国際観光旅客税

 

これは、海外へ出る人から、一律一回につき1000円徴収するというものです。

 

徴収された税金は、訪日外国人旅行者のための環境整備のために使うとなっています。

なんか、雲をつかむような話でよく分かりませんね。

 

この税金の納税義務者(納める人)は、基本は国際旅客運送事業を営む者となっていますので、航空会社や海運会社が、その運賃に上乗せすることになるのではないでしょうか。

 

ただし、この税金は海外から日本に来た外国人も、出国の際に払うことになります。

 

平成31年1月7日以後の出国から適用されます。

 

 

 

・森林環境税(仮称)及び森林環境譲与税(仮称)

 

これは来年の税制改正により創設されるものですが、今回提示されましたので、少し触れます。

 

私たちに直接関係があるのは、森林環境税の方で、平成36年より始まります。

 

温室効果ガス抑制目標の達成等のために森林環境整備のために使われる予定です。

 

個人一人1000円が住民税に合わせて徴収されることになります。

 

 

どちらも環境整備のためと言ってますが、いまいち具体的なところまみえなくて嫌ですね。

 

 

 

 

税金のイラスト

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


    岡庭建設は、地域に根差す一工務店として市や都、国に提言すべく、様々な団体に所属し、地域の良好な住環境と木造建築物の整備に…


      岡庭建設株式会社は、地域工務店として 低炭素社会に向けた住まいと住まい方を提唱し、 より良い環境社会実現に向けた活動…


     おかにわのキッチンスタジオが2015年度キッズデザイン賞を受賞いたしました!!   キッズデザイン賞 とは …


      檜・杉・パインを使用した無垢材  檜国産材白木の代名詞とも言えます。非常に香…


    おかにわの家づくり、リフォーム、そして木ノベーションは 地球環境と健康に配慮した、厳選された建材を使用していま…