メニュー

スタッフブログ

日本の地下が怪しい?

日本の地下はどうなっているのか、怪しい状況が続いています。

 

先日、桜島が久しぶりに噴火しました。

きれいな、それでいて不気味な映像でした。

 

さてに、霧島連峰も火山性微動が発生しました。

 

さらに、日本中の火山が不気味な気配を漂わせています。

東日本大震災から、まもなく5年、火山が活発化する可能性がさらに高くなっています。

箱根山、浅間山、蔵王山、白根山、御嶽山・・・あげれば限がないですね。。。

 

極めつけは、この山。我が家から見る日本一の山。

 

富士山

 

東南海地震の噂も囁かれていますが、
その際には、この山も黙っているはずはないでしょうね。。。。

FUJI

 

現在の日本の地下は、東日本大震災以前とは、まったく状況が変わっているそうです。

 

それだけに、予想のつかない出来事が起きる可能性が高いとのことで、

 

生活も、住まいも、「地震、火事、親爺」に備えましょう。

 

住宅の耐震性、気密性、エネルギー源、食料&水、排泄方法、避難場所などなど。

 

そんなことをとても意識した「新しいモデルハウス」が来月末にオープンします。

 

「中越地震」「中越沖地震」を体験している、リフォーム工房 たかたに でした。

 








こちらの記事もどうですか?:


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


     ドイツのエコロジー博士たち(全員女性)が作った自然塗料1972年に、ドイツで数人のエコロジー博士たちが「温故…


      2017年5月16日   年間の優秀だった職人さんを表彰する   おかにわワークスアワ…


      檜・杉・パインを使用した無垢材  檜国産材白木の代名詞とも言えます。非常に香…