メニュー

スタッフブログ

無駄のある家

先日のベントレーを久しぶりに見て、思い出した事のひとつ。

HI350928

 

 

無駄のある家

 

手放すくらいだからひどく荒れており、それから三十年かけて、少しづつ直し、今もまだ直し続けている。
もともと住居はそうしたものなので、これでいい、と満足するときはない。

綿密な計画を立てて、設計してみた所で、住んでみれば何かと不自由なことが出てくる。

さりとてあまり便利に、ぬけ目なく作り過ぎても、人間が建築に左右されることになり、

生まれつきだらしのない私は、そういう窮屈な生活が嫌いなのである。

俗にいわれるように、田の字に作ってある農家は、その点都合がいい。いくらでも自由がきくし、いじくり廻せる。

ひと口にいえば、自然の野山のように、無駄が多いのである。   

ー白洲正子『縁あって』より

 

数年前に撮った写真です。

鶴川の”武相荘”に掲示してある。言葉から。 「無駄のある家」。

緻密な計画は、必要だと思いますが、その緻密に計画したすまいが完成した時には、

過去の産物あることをお忘れなく。

それを考えたのは、場合によっては1年以上前だったりして。白洲次郎白洲次郎は、イギリス留学中に、あのベントレーに乗って、友人とヨーロッパ旅行をしたとか。。。

そんな余裕があるから、田の字の住まいが良いのでしょうね。

自分ならばどうするか? 田の字の家には、まずならないですね。。。狭小住宅だと田の字はありえないかと。
ただ、自分が生まれ、幼少期を過ごした家は、田の字の家だった。縁側もあり、軒の深い家だった。

 

ちなみに、”武相荘”は、戦前の住居だが、床暖房が入っているですよね。

いつ施工したのか?

 

また眠れなくなる。

こちらの記事もどうですか?: