メニュー

スタッフブログ

「歴史を活かしたまち」をGWに尋ねる

 歴史を活かしたまちづくり、と云うと、しっくりきますが、

 

「伝統的建築物群保存地区制度」というを堅苦しくて、んんんんんん? という感じですね。

 

 西欧の国へのみならず、他国へゆくと、なにが伝統的か、そうでないものなのかも

 

 わからないほど、調和のとれた街並みばかりです。

 

 なのに日本は、どうしてわざわざ、伝統的を保存しないといけない状況なのでしょう?

 

20160320183717-0001_R

 それでも、現在「伝・・建・・・・・・・制度」は、110箇所あります。

 

 近隣では、埼玉の川越、千葉の佐原など。全国に多数ありますが、ご存知でしたか?

 

 ドイツなども確かに、同様の制度はありますが、指定されている町とそうでないは町に

 

 日本人からみると大きな差はありません。

 

 それだけ日本は、無造作な近代化が進んでいるということなんでしょうねぇ~。。。。

 

 しっかり保存して、さらに同様の景観が、拡大してゆくと日本もさらに美しい街になると思います。

 

 ぜひ、GWにお尋ねなっても良いと思います。4月29日(金)から、5月8日(日)まで、

 

 5月2日・6日・7日が休みならば、10連休。楽しみですね。

 

 おかにわはどうなるんだっけ?

 リフォーム工房 たかたにでした。

 

こちらの記事もどうですか?:


      檜・杉・パインを使用した無垢材  檜国産材白木の代名詞とも言えます。非常に香…


     キヌカの主原料は米糠です。私たちの主食であるお米、を精米すると米糠が出ます。昔の人は床や家具をこの米糠で磨い…


    建ててからもずっと安心。岡庭建設の「安心できる保証」。 「工務店って、建築中や家を建てた後は、どんなサポートを…


    土地探し、家づくり、家まもりの土台となる資金計画。 なぜ、資金計画が必要なのか、ここでは資金計画のイロハについ…


    ご要望をそのままカタチに。 住まい手ひとりひとりのライフスタイルや個性に合わせてつくる「自分流の家」。それがO…