メニュー

スタッフブログ

「西武 旅するレストラン 52席の至福」

 

建築家と鉄道の関係は結構深いという話は一度しましたが、

 

どうも、最近は料理家とも関係が深いようです。

 

4月17日から運行される、観光電車「西武 旅するレストラン52席の至福」用の列車が

 

昨日、東伏見駅に停車していました。夜10時ごろだったかな(笑)?

 

 2016-04-09 21.14.19_R

 

 ひと列車52席だけの至福の旅するレストラン・トレインです。

 
2016-04-09 21.14.54_R

 

 ようは、全部”食堂車”なんです。

 2016-04-09 21.14.48_R

 

 概略・・・

「つきぢ田村」代表取締役の田村隆氏、

「La BOMBANCE」オーナーシェフの岡元信氏、

「La FinS」オーナーシェフの杉本敬三氏、

「海鮮名菜 香宮」料理長の篠原裕幸氏の4名。

和洋中の著名シェフらが、埼玉県産の牛肉をテーマにコースをアレンジするという。

池袋駅・西武新宿駅を10時台に出発するブランチコースと、

西武秩父駅・本川越駅を17時台に出発するディナーコースの2コースを設定。

ブランチコースは西武秩父・本川越行、ディナーコースは池袋・西武新宿行として運行される。

”美味楽” 旅でしょうね。

詳しくは、西武鉄道のHPをご覧ください。

 

で、”衣食住”とはよく云ったもので、人間生活には欠かせないことではありますが、

 

最近は、「衣」も「食」もローコスト化して、さらに「住」もローコスト化しているのが現実でしょう。

 

しかし、この「至福の52席」のような「住」があるとすれば、

 

どのようなものなのか?

 

たとえば、「岡庭 すみつぐすまい52棟の至福」のような。。。。。

 

イメージが膨らみますね。

 

リフォーム工房もますます忙しくなってきた春です。

 

”てつ”のリフォーム工房たかたにでした。

 

 

こちらの記事もどうですか?:


      2017年5月16日   年間の優秀だった職人さんを表彰する   おかにわワークスアワ…


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…


    オープンスペースを2区画に間仕切る工事がはじまりました。         &nb…


    木に最も適した安全な油性塗料、オスモカラー木は呼吸している再生可能な自然の植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)と自然の…


    設計力 〜品質の上にDesignする〜   OKANIWA STYLEがこだわるのが「設計…