メニュー

スタッフブログ

Verweile doch! Du bist so schön.

 

はい! みんなのおかにわかずきです!

 

突然ですが、良いニュースと悪いニュースがあります。

 

まずは良いニュースから、

 

前回右足に不幸があったと書いたと思いますが、おかげさまで良くなりました。

 

松葉杖で過ごしましたが、階段がなによりキツかったですね。

 

さて、悪いニュースです

 

左足に別種類の不幸が降りかかってきました。

 

ここまでくると、次は何処の箇所に来るのか震えながら眠ることになりそうですね……。

 

何にせよ、両足同時じゃなかったというのが不幸中の幸いです。

 

さて、「タイトルなんじゃこれ!?」と思う方いらっしゃったかもしれません。

 

文学に造詣が深い、またはドイツ語がわかる方でしたら「ははん」ときたかもしれません。

 

これは、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ御大によって書かれた戯曲「ファウスト」という話の中にでてくるセリフです。

 

翻訳は色々ありますが、私は

 

「時よ止まれ、汝はいかにも美しい」がぴったりな訳かなと思っています。

 

死後の魂の服従を交換条件に、現世で人生のあらゆる快楽や悲哀を体験させるという契約を交わしたファウスト博士は悪魔メフィストに

 

”Verweile doch! Du bist so schön.”と言ったら魂を捧げよう。と約束しました。

 

 

時よ止まって欲しい、でも魂は捧げたくない

さて、作中ではたしてファウスト博士は”Verweile doch! Du bist so schön.”と言ったのか。

 

彼の魂は悪魔に捧げられたのか、はたまた救済されたのか。

 

いずれにせよ、ぼくも何度か「この瞬間のまま止まってほしい」と思える瞬間が

 

たぶん、おそらく、きっと、いえ、あった、ありました。

 

けれども魂は捧げたくないので、心の中に留めるだけにしていますが。

 

なんでこんなタイトルにしたのか、それは……

 

 

家づくりに関わっていく中でそのような瞬間はありましたか?

 

現在施行中または、すでに完成されたお客様だけではなく、見学会にいらっしゃった際とか、

 

はたまたどこかの建造物をご覧になった時とか。

 

”あ、この瞬間、美しいな” と思えた瞬間、ありましたか?

 

もしあるのであれば、きっとそれはこれからの人生で振り返った時に

 

家づくりに関して、こんなことあったな、ここはよかったな と思えるかもしれません。

 

自身もカメラを持って現場を回ることがあり、

 

何度かそういった瞬間に立ち会えたことがありました。

 

今回はそんな”瞬間”を皆さまと共有したく、そんな記事にいたしました。

 

それでは、はりきっていきましょう!

 

 

家づくりの中でぼくが”いいな”とおもった瞬間Part1

写真を整理していて、あまりにも数が多かったので、Partに分けました。

 

part2があるかどうかはさておき……。ではいってみましょう!

 

 

可愛いお客様

a1

小平市・小平の家リノベーションにて。

 

 

空を臨む

h1

町田市・そらふくの家にて

 

福を願う

h2

町田市・そらふくの家にて

 

 

温かみのある光

h3

町田市・そらふくの家にて

 

 

 

芽吹く

hk1

東久留米市・ひかわだいのにけんやにて。

 

 

木と木と空と

i1

西東京市・りょくだんの家にて

 

 

 

踊る

i2

西東京市・りょくだんの家にて

 

 

 

Winter Morning

i3

西東京市・りょくだんの家にて

 

 

 

佇まう

i4

西東京市・りょくだんの家にて

 

 

 

光と影

e1

所沢市・ところざわの家にて

 

 

ラジオ収録! 訪問!

fm1

西東京市・天地居にて

 

 

収録中

fm2

西東京市・天地居にて

FM西東京にておかにわが放送した過去の番組についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

雅やか

雅叙園

目黒区・目黒雅叙園 TARGET2020シンポジウムにて弊社専務の池田が講演した際にて

TARGET2020での池田隊長の講演につきましてはこちらをご覧ください

 

 

 

 

我が街のシンボル「田無タワー」

番外編

 

番外編0

 

番外編1

 

番外編2

(正式名称はスカイタワー西東京です。前回の記事でもご紹介したので詳細は割愛します)

 

 

番外編

 

リフォーム部の堀内さんが私の知らぬ間にカメラに収めていた

なんともシュールな写真

番外編h

どこか哀愁漂う感じですが、構図にセンスを感じられますね……(和)

 

 

 

 

さて、こうして掲載してみると、「あれ? 写真少ないな……」と思ってしまいましたが、part2も(たぶん、おそらく、きっと)あるのでご安心を。

 

まだまだまだありますよ〜、ふとした日常の中での”いいな”と思える瞬間。

 

みなさんもそんな瞬間があったら、家族なり、友達なりと共有してみてください!

 

おかにわかずきでした。

 

 

 

 

こちらの記事もどうですか?: