メニュー

スタッフブログ

『きよせの家』のコンクリート

先日『きよせの家』のホールダウン金物とアンカーボルト金物を見に行ったところ、しばらく待っているとコンクリートが運ばれてきました。

 

コンクリートは打ち込む前にすべて受け入れ検査を行っています。

 

検査の器具たち、工事の方にとってはお馴染みの光景ですが、私にとってはとっても新鮮!

 

 器具 (800x576)

 

受入れ検査は文句なしの合格!

 

写真パチリ (800x586) 

 

器具結果 (800x577)

 

 

さっそく、コンクリートの打ち込みが開始されました。

 

 打設 (578x800)

 

見ているとついつい時間を忘れてしまいます。

 

現場って楽しいですね♪

 

設計チーム 芹沢

 








こちらの記事もどうですか?:


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


      多摩産材を使った家づくりコンクールとは東京都は東京の木・多摩産材を使用し、木の良さをいかす知恵や…


    ご要望をそのままカタチに。 住まい手ひとりひとりのライフスタイルや個性に合わせてつくる「自分流の家」。それがO…


     ドイツのエコロジー博士たち(全員女性)が作った自然塗料1972年に、ドイツで数人のエコロジー博士たちが「温故…


    住まいの性能って? 電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。 それは決して「広さ」や「設…