メニュー

スタッフブログ

避難所に行けば何とかなると思ってませんか?

 

…はい。思っていました(笑)

 

強烈な見出しで始まってしまいましたが、こんにちは!

広報のコシナカです。

 

今、私の方ではとあるプロジェクトを進めていまして

一家の主婦のみなさんにぜひ考えてほしいことについてまとめています。

 

工務店の人間として、きっぱりとお伝えしたいのが「在宅避難」の準備についてです。

 

もしも東京が大震災に見舞われたとして、そもそも避難所のキャパは十分なのでしょうか。

 

「在宅避難」こそが、精神的にも身体的にも、もっとも優位な避難法であると専門家は言います。

 

その一環として、今日は災害対応型住宅のモデルハウス、「R-eco house」でこんなものを作ってみました!

 

soumenn

 

ジャジャーン!「ゆでずに炒める焼きそうめん」。

 

そう、ローリング・ストックです。

 

 

ナイフがないことも想定して、はさみでチョキチョキ。

 

お水も最小限で作ってみました。

 

お味は・・・。うん。塩味もしっかり効いてけっこうおいしい!!

 

撮影は、おなじみ市内で活躍するママさんライター集団「まま・ぺんしる」さんですが、

 

この取材の記事は、次号のすみ・つむぎにのるかな…?

 

soumenn3

 

乗らなければ、『R-eco House』で6月から始まるツナガル・プロジェクトで取り上げたいと思います!

 

詳しくは、こちらを見てね。

 

R-ecoだより全

 

 








こちらの記事もどうですか?:


    国と金融機関の新しい取組みがはじまります 防災 × 街づくり   *東京都産業労…


    最新号☆ただ今配布中!  季刊誌 すみ・つむぎ一度買ったら、なかなか買い換えられないもの。それが住ま…


     ドイツのエコロジー博士たち(全員女性)が作った自然塗料1972年に、ドイツで数人のエコロジー博士たちが「温故…


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…


    ウッドチップ壁紙(天然壁紙)のオガファーザーオガファーザーとはオガファーザーは、1864年、ドイツにあるブッターバール市…