メニュー

スタッフブログ

大磯洗い出し

 

IMG_1759

 

「めおとかごの家」においては、そろそろ仕上げ工事も最終段階

 

にはいっておりますが、現場に到着するやいなや、左官職人さんが

 

玄関ポーチを、鏝でしあげ作業にはいっておりました。

 

あまりの真剣さに、声もかけられない状況でした。

 

まさに、魂、の入魂というところではないでしょうか。

 

これで、大磯洗い出しのポーチも美しい仕上がりになるのも

 

間違いないと思います。

 

最後に水で洗いだせば、美しい玉砂利が、見えてくるはずです。

 

楽しみです。

 

by KUROSAWA








こちらの記事もどうですか?:


      住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。   しかし、街はコンクリートや新…


    最新号☆ただ今配布中!  季刊誌 すみ・つむぎ一度買ったら、なかなか買い換えられないもの。それが住ま…


    住まいの性能って? 電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。 それは決して「広さ」や「設…


      2017年5月16日   年間の優秀だった職人さんを表彰する   おかにわワークスアワ…


            2016年夏、小田原さんと岡庭建設がコラボしたオリジナルスツール…