メニュー

スタッフブログ

断熱工事

文理台さんげやの現場においては、現在、断熱作業中です。

 

断熱工事の基本は、建物の外気に接する部位を、断熱材で

 

すっぽりと包む事、そして隙間なく充填することが、大切ですが、

 

問題があると結露などが、発生し住宅の耐久性にも影響します。

 

当社は、その重要性を鑑み、全員の大工さんが、断熱の技術講習

 

を受講しておりますので、施工精度はかなり高いです。

 

当社の自慢のひとつです。

 

最終的には、断熱材は見えなくなってしまいますが、見えないとこ

 

ろこそ しっかりした仕事をする!! 「岡庭品質」

 

by KUROSAWA

 

 

IMG_2063








こちらの記事もどうですか?:


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…


     古紙を再生利用した断熱材、セルロースファイバー新聞残紙などの木質維持(木材の繊維)を主原料としたバラ綿状の断…