メニュー

スタッフブログ

おうちとお金の話 その8

おうちとお金の話 その8です。

 

前回に続いて「仲介手数料」の話です。

 

そもそも仲介手数料ってなんでしょう?

ブログ用イメージ

仲介手数料とは、不動産の売買や賃貸で、不動産会社が「買主を見つけてくれた」とか「希望の物件を探してくれた」ときに、不動産会社に支払う成功報酬のことです。あくまでも成功報酬ですから、取引が成立した場合のみ支払うことになります。

 

ちなみに、宅地建物取引業の免許を持っていないと、仲介手数料を請求できません。持っていない人に対して支払ったらとしたら、それはただの「謝礼」になります。

 

この仲介手数料、ない場合があります。

 

まず、不動産会社が物件を保有している場合です。この場合、仲介行為自体が存在しませんから仲介手数料は発生しません。そもそも物件の代金が売り上げとして計上されますから、手数料をとる必要もないわけです。

 

もう一つは、「代理」の場合です。これは不動産会社が売主の代理人であるという場合で、「仲介(媒介)」とは意味が異なります。この場合原則的には、仲介手数料が発生しますが、売主との取り決めで不要になる場合があります。

 

物件情報に、必ず取引形態が明示されていますので、「売主」なのか「代理」なのか「仲介(媒介)」なのか確認してみるといいでしょう。

 

 

 

次回も仲介についての予定です。

 

 

豊村

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうですか?:


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


    参加ご希望のイベントにチェックし、お客様情報をご入力の上送信ボタンをクリックして下さい お申し込み前に必ずこちらをご一読…


    H26年度国土交通省『中古不動産取引における情報提供促進モデル事業』に採択されました!     中古住宅流通市…


    リンク先弊社との関わり国土交通省 経済産業省 林野庁 国土強靭化レジリエンス弊社池田が委員を務めます木を活かす推進協議会…


     おかにわの社内コミュニティーお客様を笑顔にするにはまず自分たちが笑顔に おかにわは独自の社内コミュニティーを…