メニュー

スタッフブログ

大雨の日の「ふた」のかい

 

よく、お引き渡し後に住まい手さまからこんなご質問を頂きます。

 

「なぜか、そとの地面の蓋が外れているんですよ。イタズラでしょうか」

 

IMG_0963

多摩地域のいくつかの市町村では、雨水は敷地内に浸透させましょうというルールがあります。

 

西東京市も、雨水は下水に流さないで、雨どいに集めた雨水は地面の浸透桝へ流し、土に浸透させています。

 

けれど、ゲリラ豪雨はこちらの浸透能力を超える雨が一気に降り注ぐので、桝の水があふれて蓋を押し上げてしまうのです。

 

長雨などは季節の風景を表す言葉として定着しておりますが、近年のゲリラ豪雨も風物詩として定着しつつありますね。

 

このあふれる水を、少しでも有効利用できるように、心がけていきたいと思います。

 

安井

 








こちらの記事もどうですか?:


      檜・杉・パインを使用した無垢材  檜国産材白木の代名詞とも言えます。非常に香…


    木に最も適した安全な油性塗料、オスモカラー木は呼吸している再生可能な自然の植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)と自然の…


     キヌカの主原料は米糠です。私たちの主食であるお米、を精米すると米糠が出ます。昔の人は床や家具をこの米糠で磨い…


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


     古紙を再生利用した断熱材、セルロースファイバー新聞残紙などの木質維持(木材の繊維)を主原料としたバラ綿状の断…