メニュー

スタッフブログ

おうちとお金の話 その9

おうちとお金の話 その9です。

 

 

今回も「仲介」の話です。

 

不動産の広告を見ると、「専任」とか「一般」とか書いてあります。これは仲介(媒介)契約の種類を表しています。

 

この種類、「専属専任媒介」・「専任媒介」・「一般媒介」の3つがあります。

 

その違いは、だいたい次のようになります。

 

「専属専任媒介」

・売主が他の不動産会社に同じ物件の仲介を依頼してはならない。

・売主が購入希望者と直接契約をしてはならない。

・売主への業務報告義務(1週間に1回)

・「レインズ」(不動産指定流通機構)への情報登録義務(5営業日以内)

 

「専任媒介」

・売主が他の不動産会社に同じ物件の仲介を依頼してはならない。

・売主が購入希望者と直接契約をしてもよい。

・売主への業務報告義務(2週間に1回)
・「レインズ」への情報登録義務(7営業日以内)

 

「一般媒介」

・売主が他の不動産会社に同じ物件の仲介を依頼することができる

・売主が購入希望者と直接契約をしてもよい。

・売主への業務報告義務なし。
・「レインズ」への情報登録義務なし。

 

 

では、そのメリット・デメリットはなんでしょう?

それはまた次回。

 

豊村

 

ブログ用イメージ








こちらの記事もどうですか?:


    H26年度国土交通省『中古不動産取引における情報提供促進モデル事業』に採択されました!     中古住宅流通市…


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


    リンク先弊社との関わり国土交通省 経済産業省 林野庁 国土強靭化レジリエンス弊社池田が委員を務めます木を活かす推進協議会…


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…


    「木箱の家」の家づくりがそのまま分譲に。 おかにわで人気のセミオーダー住宅「木箱の家」。この「木箱の家」が土地…