メニュー

スタッフブログ

贈与の話 その1

昨日ブログの投稿をすっかり忘れてました。

 

新しいシリーズを立ち上げます。

新しいネタは「贈与」についてです。

 

家を買う場合、建てる場合、リフォーム・リノベーションをする場合、必ずお金がかかります。

この時、その資金を誰かに貰っていたら、それは「贈与」を受けたということになります。

 

日本では、誰かが利益を受けた場合、その利益に対し税金を課すことになっており、「贈与」についても贈与税という税金が課せられます。

 

これからシリーズで、その贈与について詳しく書いていきたいと思います。

今までの記事の中でも贈与について書いたことがあるので、内容が重なる部分もありますがご了承ください。

 

 

まずは、贈与税の概要です。

 

贈与税は、個人がほかの個人から財産を取得したときに、その財産の時価をもとに課される税金です。

100万円というお金をもらったら、その100万円に対し。土地建物をもらったら、その土地建物の時価に対し、税金が課されます。

 

個人が個人からもらった財産に対してですので、個人が会社などの法人から財産をもらった場合は贈与とはならず、ほかの税金が課されます。

 

また、贈与税を納める人は、贈与を受けた人、つまり財産をもらった人になります。

 

続きはまた。

このシリーズ、長くなる予感がします。

 

豊村








こちらの記事もどうですか?:


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


    土地探し、家づくり、家まもりの土台となる資金計画。 なぜ、資金計画が必要なのか、ここでは資金計画のイロハについ…


    今日ご紹介するお店は、私の個人的な見解ですと庭之市組の中で一番「個性的」なお店。 三鷹市にありますセレクトCD…


    参加ご希望のイベントにチェックし、お客様情報をご入力の上送信ボタンをクリックして下さい お申し込み前に必ずこちらをご一読…


      岡庭建設株式会社は、地域工務店として 低炭素社会に向けた住まいと住まい方を提唱し、 より良い環境社会実現に向けた活動…