メニュー

設計力

品質の上にDesignする

 

conc1無垢材
住まいは多くの人にとって、人生で一番大きな買い物になります。
 

そこで忘れてはならないことは、決して「デザイン」や 「機能」などの表面的な事ではなく、愛着をもって永く暮らし続けることが出来る「設え」の存在です。では、本質的な心地よさを生み出す元ともなる「設計力」とは何でしょうか。

 

私たちのつくる住まいは、「居心地のいい場所」 に思いをめぐらせ、それをどうやってかたちにするかという観点から計画していきます。

 

 それは、「家」単体ではなく、植栽や外構までをも含めた建物の配置の配置に至るまで、その家族、その地域、その場所で求められる「暮らしある家」のご提案でもあります。

 

時には、皆様のご要望と少しずれるかもしれませんが、プロならではの視点から見たあるべき姿はお伝えさせて頂くつもりです。

 

さらに、そこから進む本設計では、デザインの前段階として「品質」について厳しく見極めています。

全棟に実施を義務付けている「構造計算」をはじめ、皆様の健康を意識した自然素材の選定、空気質や化学物質の測定までも行うこと。

 

これらが、私達がこだわる「設計力」なのです。

 

 

設計の7つの要

「おかにわの家」の家づくりでは、プランニング・設計の際に以下のようなポイントを大切にしています。

 

設計の7つの要
敷地を読む

敷地の特徴を生かす。

その場にふさわしい「馴染みのいい住まい」、敷地と建物と太陽の位置の関係を考える。

暮らしを考える 暮らしとは、そこにいて心地よいと感じる空間。光り、明かり、風の計画。
窓の役割、空間の力 その構成と視線の制御を考える。
家事を楽しく 機能的なしつらえ 生活導線、使い勝手、収納を大事に考える。
品質第一の設計 設計は品質を担保した上でデザインする。
家族が安全・健康に住まう 耐震性は「等級3」を基本とし、 耐久性は構造材に国産材を利用。 シックハウスのない住まい。
自然のしつらえを生かす 通風性、採光性を大事に設計する。 外構まで含めた自然との融合。
コミュニケーションでつくる 住まい手の気持ちを形に…。
 

デザインの基礎である「安全と快適」については施工をご覧ください。

 

 

 

 高い設計力と幅広い知識を持った建築士がエスコートします。

s-3_mg_9938
「OKANIWA STYLE」の基本プランは全て池田が手がけます。

基本がダメなものは、後から取り返しがつきません。

だから、

基本設計は、全て池田隊長が手がけています。(一級建築士)

 

→池田隊長に聞いてみる、相談してみる。

 

 

そして、プラン~完成間際の外構工事に至るまで、高い設計力と幅広い知識を持った建築士が全て一貫してお客様をエスコートしていきます。

構造計算から長期優良住宅についての国への申請など「おかにわの家」の設計業務は幅広い知識が要求される難しい仕事です。