メニュー

スタッフブログ

おうちの建て替え その4

おうちの建て替え その4です。

 

今回は、固定資産税の建替特例についてです。

 

住宅の建て替えをしている場合において、1月1日に建物が無くても一定の要件を満たせば、土地の固定資産税について住宅用地の軽減を受けることができます。

 

その要件とは

 

・その土地が前年において住宅用地であること

 

・1月1日において住宅の新築工事に着手(基礎工事)していること

 又は1月1日において確認申請書が受領されていて、かつ3月末日までに着工する予定であること

 

・住宅の新築が、建て替え前の住宅と同一敷地内で行われていること

 

・住宅の建て替えが、建て替え前の住宅の所有者と同じ者(親族でも可)により行われていること

 

 

以上の要件をすべて満たしている場合に限り、住宅用地の特例を受けることができます。

 

 

ですから、おうちを建て替える場合は、古い家の解体工事と、新築工事着手のタイミングについて、よく考える必要がありますね。

 

 

 

土地のイラスト

 

豊村

 

 








こちらの記事もどうですか?:


    「おかにわの家」は全棟「長期優良住宅」に準ずる仕様です 平成18年6月に住宅業界の「憲法」とも位置づけられる「住生活基本…


      多摩産材を使った家づくりコンクールとは東京都は東京の木・多摩産材を使用し、木の良さをいかす知恵や…


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


    マナー・安全管理にご理解ご協力下さい岡庭建設の建物見学会は、基本的に住まい手様のご注文により建築している建物をご覧頂いて…


    大切なお住まいは必ず完成いたします。家を建てる・・・それは人生において一番大きな買い物です。大きいだけに、誰もがいろいろ…