メニュー

スタッフブログ

通る人の目をほっと休める「木塀」はいかがでしょうか。

先日の大阪北部地震でブロック塀が倒壊し、登校中の小学生が被害にあってしまったという悲しい事件がありました。

 

それを受けて、おかにわリフォーム工房にも「塀」に関するお問い合わせが増えています。

 

通りから視界を遮るブロック塀もよいのですけれど、この機会に 通る人の目をほっと休める、

こんな暖かみのある素材感の木塀はいかがでしょうか。

 

天然木の風合いが、おかにわのガルバリウム壁に優しい表情を添えています。

 

 

中から見るとこんな感じです。

 

 

おかにわリフォーム工房では、耐久性が高く、軽いアルミの支柱に

レッドシダー等の木材を貼るライトな目隠しが人気です。

 

 

木塀の施工は、地面に基礎をつくる方法(独立基礎)と、

ブロックを積んで基礎をつくるという2つの方法があります。

 

横板を目の高さだけポイント的に使用したり、

間隔や枚数、素材等を自由にアレンジすることでご予算の調整も可能です。

 

 

プレーンな白い外壁に木塀が加わることで、こんな表情を見せてくれます。

 

 

玄関ドアの前に、飛び出し防止のちょっとした木塀を設けてみたり

 

全面に巡らせれば、お家の雰囲気がぐっと素敵になります。

 

まずは、ご自宅のブロック塀が不安な方、鉄筋の有無などの安全性の調査も承ります。

 

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

 








こちらの記事もどうですか?:


      住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。   しかし、街はコンクリートや新…


    地域に根ざして47年。 おかにわは地域と、あなたと、歩みます。 おかにわグループはたくさんの人達に支えられて、お陰さまで…