メニュー

スタッフブログ

災害と税金 その2

さて、雑損控除ですが、概要としては、

 

「災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを雑損控除といいます。」

 

となっています。

 

対象となるものは、

 

「棚卸資産若しくは事業用固定資産等又は「生活に通常必要でない資産」のいずれにも該当しない資産であること。」

つまり商売にかかわるものや別荘・書画・骨董・貴金属はダメという事です。

 

損害の原因は次の通り

(1) 震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害

(2) 火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害

(3) 害虫などの生物による異常な災害

(4) 盗難

(5) 横領

なお、詐欺や恐喝の場合には、雑損控除は受けられません。

 

 

災害で家が被害にあった場合、また家だけでなく塀や車などが被害にあった場合も対象です。

 

次回に続きます。

土砂崩れ・土石流のイラスト(自然災害)

 

豊村

*当記事の内容についての個別のお問い合わせは、弊社にご登録の方を除き受け付けておりません。
最寄りの税務署等にお問い合わせください。