メニュー

スタッフブログ

西東京市で構造見学会を開催しました。

 

先週末、西東京市にて構造見学会を開催いたしました。

 

こちらのお住まいは東京都が独自に定めた
高い断熱性・省エネ性能を有する住宅
「東京ゼロエミ住宅」の認証住宅です。

 

岡庭建設では2棟目となります。

→1棟目は3月末完成お披露目会を行います!

 

 

 

 

 

あいにくのお天気。

 

昼過ぎには止みましたが
とても冷えた一日でした…。

 

 

 

 

そんな中、ご来場いただいたみなさま
誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

このようにパネルやポップを展示しながらお客様に
実物をご覧いただきながら岡庭建設の家づくりの
「性能」に大きく関わる部分のお話をさせていただきました。

 

 

 

 

じっくりゆっくりお話できたようです。

 

 

 

 

断熱材。

 

断熱工事の精度高さは
建物の快適性や省エネ性を決める大きなポイントの一つです。

 

過度な「夏の暑さ、冬の寒さ」から守られることで
ヒートショックなどの健康被害や
一年を通して快適に過ごせることで
自然と光熱費も軽減できます。
お財布にもうれしい〜。

 

ちなみに岡庭建設の家づくり携わる大工さんは
全員、省エネ技術者講習会を受講し合格しています。

 

 

 

 

 

耐力壁。

 

地震や雨風などの水平荷重を受けても
建物が変形しにくくするための役割を担っています。

 

モイスという材料を使用していますが
こちらは天然素材でつくられており有害物質を含まず、
土に還すことができるやさしい素材です。

 

 

 

 

 

剛床。

 

建物のねじれを防ぐことに重要な床の固さ。

適切な固さと耐力壁をバランスよく配置することで
地震や雨風に強くなります。

 

 

 

 

などなど・・・

 

もっと詳しく知りたい方は
おかにわの施工力」ページをどうぞご覧ください。

 

 

 

 

さいごに大工さんが端材でつくった収納棚をご紹介。

 

いいな〜と思いながらパチリ。

 

工事中の現場にも、整理整頓アイディアが満載です♪

 

 

 

 

次回の構造見学会はまだ未定ですが
お知らせをご希望の方はお問い合わせください!

 

LINEでも毎週1回程度
イベント情報などの配信おこなっておりますので
ぜひ家づくりにご活用くださいね〜(^-^)

 

 

友だち追加

 

 

広報 佐藤