メニュー

スタッフブログ

和紙の選定に行ってきました〜|ふじまちテラス

 

現在フルリノベーション中の「ふじまちテラス

 

先日プロジェクトメンバーの各部署の代表者で室内に使用する和紙の選定にいって参りました。

 

場所は文京区にある「紙舗 直(しほ なお)」さん。

 

IKEDA隊長こと池田専務のオススメの紙を扱うお店です。
コラムはこちら

 

 

 

 

とてもたくさんの紙を取り扱っている専門店です。

 

なんとなくのイメージを持ちながらの来店だったので、現地で実物をたくさん見せていただきながら選定しました。

 

 

悩んだ末、選んだものがコチラの2色!

 

 

 

 

赤っぽい、土っぽい色の方が「柿渋」で染められたもの。

 

時間が経つと色が薄まっていき、周りと木々ともよく馴染みそうです。

 

粒子が大きく、光のあたり加減で動きがあるようにも見えます。

 

 

 

 

もう一つは松煙(しょうえん)、墨です。

 

松煙は、漆喰などの塗り壁材料にも入れることのできる黒顔料のことを指します。

 

こちらもとても綺麗に染まっています。

 

先ほどの「柿渋染め」と比べるとサラッとした風合いで、お部屋のちょっとしたアクセントにも取り入れやすそうです。

 

 

 

 

いずれも天然素材の染料や顔料で染められた紙です。

 

実際はもう少し鮮やかで表情があるように感じられます(この写真だとわかりにくいですね)

 

他にも青系、緑系で綺麗な色味のものもあり、とても悩みました……。

 

 

経年変化した材にあわせるとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

これからふじまちテラスの内装二箇所に貼られていきます〜。

 

和紙一枚一枚染め上げているのでもちろんコピーされた商品のように同じ色味や柄は何ひとつありません。

 

なかなか個性的な空間になりそう……です。

 

さてこちらの2つ、どこへ張られるでしょうか〜〜。

完成をお楽しみに!

 

 

広報 佐藤