メニュー

R-eco houseだより

「ツナガル」開催報告 6/14(木) [Sakie’s kitchen]

[Sakie′s kitchen]

「おうちで楽しむ飲茶」

〜本格手作り点心を作って、飲茶を楽しみます

講師:鬼丸さきえ

(栄養士、フードコーディネーター、食育アドバイザー)

 

 本日のメニューは飲茶で3品。

手前から

◼エッグタルト(なめらかなカスタードクリームを電子レンジで手軽に作ります)
◼油菜(茹でた青菜に、熱したニンニク油をジューっとかけたもの。)
◼ぷりぷり海老の揚げワンタン
(海老の下処理をきちんとするとこで、海老がぷりぷりの食感になります)
◼うずら焼売(うずらの卵を包み混んで作る、見た目も食感も楽しい焼売)
◼わずかに見える一番奥のせいろ、黒糖風味の中華饅頭です。これは作っておいて持参しました。

 

 

 

 

 これだけの本格中華を作るなんて、難易度高すぎる〜と思いきや!スーパーや街角で簡単に手に入る材料で作れるものばかり!しかも家庭で簡単に作れてどれも美味しい♪デザートまで学べてしまうのです〜

 

 その講座の内容を一部ご紹介します。

まずは本日のメニューの内容や調理のポイントを事前に詳しく解説。難しそうな中華の専門用語もわかって作ってみたい気持ちがぐっと高まりますね。

 

 

 

先生がお持ちの「ターサイ」、最近はスーパーでもよく見かけるようになりました。「油菜」のポイントは、最後にニンニクをじっくり揚げた油をそのままザーッとターサイにかけることだそうです。

 

 

これはうずらのシュウマイを蒸しているところです。

香港から持参されたというセイロはなかなか本格的です。

 

 

 皆さまに聞いたところ、今日の一押しメニューは「うずらのシュウマイ」だそうです。これ作れたら家族の賞賛を浴びるでしょうね〜

 

 鬼丸先生は次回来週6/19(火)も、「ジャージャー麺を作ろう」というワークショップを開催されます。ご興味を持たれた方は是非どうぞ!

詳しくはこちらをご覧ください。

【R-eco house】ツナガル で つながりませんか?

 

以上、またツナガル開催報告アップしますのでお楽しみに。

 

 

R-eco house管理人 栗原でした。

 

 

 








こちらの記事もどうですか?:


      一歩先を行く、これからのエコ・ハウス  岡庭建設が考えるこれからのエコ・ハウス「R-ECO HOUSE」は…


    ウッドチップ壁紙(天然壁紙)のオガファーザーオガファーザーとはオガファーザーは、1864年、ドイツにあるブッターバール市…