メニュー

おかにわニュース

台風19号の対策について

台風19号の接近に注意してください

 

気象庁によると、大型の台風19号は、12 (土)朝〜13日(日)にかけて関東地方に上陸する見込みです。

 

これまでに経験したことのない「暴風」と「大雨」が予想されています。

 

事前のニュースなどにより対策を済まされている方も多いかと思いますが、

 

ここでもう1度、大切な住まいを守るための確認を行ってください。

 

 

《事前》建物の状態の確認・対策

(天気.jpより引用)

 

●屋根、塀、壁の点検→不安なところは補強

 

●側溝や排水溝を確認→溝の掃除

 

●建物の周りに置いてあるもの→室内にしまうか固定

 

●窓や雨戸を補強→窓にテープを貼るなどして補強

 

●床上の浸水対策→家財や家電は高所や2階以上に移動

 

●ライフライン断絶の備え→飲料水の確保、非常持ち出し品の準備

 

この辺りは、ニュース等でも報道されていますので大丈夫でしょうか。

その他、こんなことも要注意です!

 

●自治体のハザードマップでご自分の家が大丈夫か確認すること。

 

●断水に備えて、浴槽やバケツなどに水を貯めておく。
(おトイレ用に結構たくさん必要です)

 

●停電の際に慌てないように、懐中電灯など分かりやすい場所に出して置く。

 

●お車を所有している方はガソリンは、満タンにしておく。

 

●ラジオの電池切れにも注意!

 

などもお忘れなく。

 

 

 

非常用品の準備は出来ていますか?

 

(天気.jpより引用)

 

こちらにも、図解でわかりやすく紹介されています。

 

首相官邸ホームページ
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html#c3

 

さらに詳しくは

 

気象庁発行の小冊子をご覧ください。

 

「大雨や台風に備えて」

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/ooametyphoon/index.html

 

 

《台風の通過中》

 

もし被害が出たとしても、暴風時間は絶対に外には出ないで下さい!

 

また、暴風時間内に窓や扉を絶対に開けないで下さい!

 

圧力差で窓や扉が吹き飛んだり、大きな障害物(屋根など)が飛んでくることもあります。

 

建物や周囲のことが気になるかと思いますが、命が一番大事です!!

 

 

災害関連 ツイッター

東日本大震災直後、通信インフラ等が多大な被害を受ける中、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)が情報伝達の手段として広く活用されました。
 ここでは、災害時に役立つ政府の公式ツイッターアカウントをご紹介します。ぜひこの機会にフォローしておいてください。

 

https://twitter.com/CAO_BOUSAI

https://twitter.com/Kantei_Saigai

https://twitter.com/Kantei_hisai

閉じる

 

 

 

 

《事後》万が一、建物への被害を受けられた場合

 

おかにわグループでは、災害に備えてブルーシート、土嚢、発電機などの事前準備を行っております。

 

弊社で家を建てられた方を始め、地域住宅も緊急性の高い建物から順次対応して参ります。

 

つきましては、速やかに対応を行うために以下のご準備をお願い致します。

 

●被害が確認出来たら、写真を撮って、メールしてください。

 (電話は通じない可能性があります。)

 

 mail@okaniwa.jp

 

●緊急性の高いところから順に対応いたします。その後は申込順となります。

(数日間はインフラが通じない、道路が通行できないなどでご連絡及び現調が出来ない可能性もあります。)

 

●火災保険会社に被害状況を連絡して下さい。

 

●被害状況の写真を撮って下さい。

全景、中景、近景、周辺(ご近所)の様子も撮っておく。

室内に被害がある場合は、家財も補償されますので、写真を撮っておく。

(屋根に登ったりなど、撮影に危険が伴う場合は安全を優先して下さい!)

 

(災害認定をされた場合、応急修理の補助金が受けられる場合があり、その際に必要になります。)

 

 

それでは、関東近郊にお住いのみなさま、事前にしっかりと備えをしていただいて万全のご準備でどうぞ安全にお過ごし下さい。