メニュー

おかにわニュース

東京都住宅政策本部H.Pに弊社の取組が掲載されました

 

昨年秋〜一般公開しておりました中古住宅のリフォームモデルハウス、Re:vivo(リビボ)〜富士町〜。

 

新築とは異なるもう1つの選択肢、中古住宅を取り上げ、

 

「肩肘はらない。がんばりすぎない。」テーマに、

 

豪華な設備や過度なリフォーム工事までは採用せず、でも決して「安心」には手を抜かない。

 

そんなこれからの時代に求められる家づくりを提案させていただきました。

 

そのRe:vivo(リビボ)〜富士町〜が、この度、東京都のH.Pに掲載されました。

 

(下記の画像をクリックしてご覧いただけます)

 

 

 

*Re:vivo富士町のモデルハウス公開は、2020年2月末を持ちまして終了させていただきました。
 

 

Re:vivo富士町は東京リフォームモデルハウス事業採択物件です。

 

上記には、実際のインスペクションを解説した動画や事例が紹介されていますが、その現場が、Re:vivo(リビボ)富士町。

 

着工前のインスペクションから、竣工後、家具をしつらえたホームステージングまでを対比してご覧いただけます。

 

新築にとらわれない住まい選びを考えている方にお役立ていただける内容です。

 

Re:vivo(リビボ)はおかにわグループの不動産部、リフォーム部、設計部、広報部が一丸となり、グループを挙げて取り組む一大プロジェクト。

 

弊社の事例を「東京リフォームモデルハウス」第一号事業者として取り上げていただくことは、

 

私達ワンストップ事業者として大変栄誉なこととここに嬉しくご報告を申し上げます。

 

 

「東京リフォームモデルハウス事業」とは?

 

この事業は、既存住宅のリフォームや流通促進、空き家発生抑制などを目的とした東京都の取組みです。
既存住宅の購入を検討されている方の不安をふっしょくするために、キチンとリフォームされた住宅をモデルハウスとして公開し、体感できる場を提供するものです。

 

【応募対象住宅の概要】

 

  • ○東京都内に所在する木造戸建住宅

    ○原則、昭和56年6月以降に建築された住宅で、応募時点でリフォーム工事前のもの

    ○応募者は、既存住宅の売買及びリフォームにかかわる宅地建物取引業者、

     又は建設業者で、モデルハウスの運営を適切に行うことができるもの

    ○建物状況調査を実施し、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合したもの

    ○省エネルギーやバリアフリーなど、性能が向上するリフォームを行うもの(推奨)

  •  

*詳しくは、東京都住宅政策本部のホームページをご覧ください。