メニュー

イベント

 一歩先を行く、これからの「エコ・ハウス」レジリエンス住宅

2016年4月。岡庭建設が考える一歩先を行くエコ・ハウス、「R-ECO HOUSE」が完成いたしました。

 

「省エネ」+「創エネ」=エネルギー収支「0(ゼロ)」の暮らし

 

 

 

 

*R ECO HOUSEの[R]は Resilience (レジリエンス:強くてしなやかな)という意味を表しています。

レジリエンス住宅とは・・

 

 

そこは、優雅なひとときを堪能できる上質な空間。

内観

 

 

木の香りに包まれたナチュラル・モダンな空間、薪ストーブのあたたかさや、ウッドデッキの空間の広がり…。

 

レジリエンスという[R]を冠した住宅。

 

災害対応型住宅」でもありながら、普段のくらしも「楽しく」が基本。

 

エコで上質な暮らしを存分にご堪能いただける住空間です。

 

 

R-eco houseでご体感いただけるこんなくらし。

 

 

 

「R-ecohouse」を 映像で見ることもできます。

 

 

『災害時』ともに助け合える関係づくり

 

R-ecohouseには、いつも地域の人が集う。

 

暮らしを楽しくするワークショップ、ヨガやお料理教室など。

 
幅広い世代の人たちが参加できるさまざまなイベントが開催されている。

 
ときどき顔を合わせる人たちは自然とあいさつを交わすようになり、自然に生まれる人と人のツナガリ。

 

私たち岡庭建設が思い描くのは、そんな地域のツナガリ。

 

R-ecohouseは「災害対応型住宅」として建設されました。

 

しかし、いくら建物の性能が優れていたとしても、それだけが防災といえるのでしょうか。

 

建って終わりではなく、実はここからが本当の始まり。

 

多くの人に「触って」「使って」「過ごして」もらうこと。

 

そこから生まれる豊かな時間を誰かと共有することによって生まれる人と人との輪。

 

それこそが「R-ecohouse」の真の価値であると私たちは考えます。

 

いざという時、地域で暮らす人々との顔の見える関係が築かれていることは何よりもの減災。

 

そんなあたたかな繋がりのある街づくりのお手伝いをすることが、

 

災害対応住宅に正面から取り組む私たち岡庭建設の願いです。

 

 

 

まだまだ魅力満載の「R-eco house」

 

電気やガスなどのエネルギーに頼らない、エコなくらし。体験しにいらっしゃいませんか?

 

・冬は太陽熱で床暖房

・猛暑の夏は太陽熱でお湯取り→猛暑バンザイの家とは

・一年を通して発電

 

ウッドデッキ

 
 
  • おかにわの「ゼロ・エネルギー住宅」については、こちらをご覧ください。

 

  • どなたでもご参加いただける「ツナガル」はこちらをご覧ください。

 

 

  • R-eco houseを見学する!(フォーム「その他」項目に希望日時を記載してください)

 

 *定休日:毎週(水)・(金)
 
 


 
 







こちらの記事もどうですか?:





【ゼロ・エネルギーを実現した】住宅ってどんな家?
日時 2017年12月31日(日) までの年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休業を除く 10:00~16:00 *定休日:毎週(水)・(金)
場所

東京都練馬区関町北4-31-3
*区立風の道公園の向かいです

参加方法 イベント申し込みフォームよりお申し込みください。
その他

お申し込みの際は、フォームの「その他」項目に希望日時を3つほど記載して下さい。

イベント申込!