メニュー

スタッフブログ

家を買うためには その3

家を買うためには その3です。

 

前回は住宅ローンの限度額について書きました。

今回は、住宅ローン種類について書いていきたいと思います。

 

現在、低迷する経済状況などの理由から、預金などは超低金利になっていますが、住宅ローンも同じく超低金利です。

申し込み方法にもよりますが、1%を切る金利で借り入れすることもできるようになっています。

しかし、金利が低いという理由だけで住宅ローンを選んでしまうと、あとで大きな落とし穴が待ち受けている場合もあります。

ですから、住宅ローンはじっくり選択することが重要になります。

 

まず、住宅ローンにはどのようなものがあるのか、上げていきたいと思います。

 

1 全期間固定金利型 借入金利が変動せず借入期間において当初借入金利が一定のもの

2 変動金利型    半年ごとに適用金利が変動するもの

3 固定期間選択型  特約期間(2年、3年、5年、7年、10年など)においては金利が固定され、特約期間終了後、再度固定期間選択型にするか、変動金利型にするか選択できるもの

 

主なものでは、以上のようなものがあります。

 

大きな落とし穴とは急激な返済額の増額ですが、その落とし穴があるかもしれないのは、2の変動金利型と3の固定期間選択型となります。

だからと言って、1の全期間固定金利型が良いのかというと、そういう訳でもありません。

 

それぞれの、メリット・デメリットについては、また次回以降書いていこうと思います。

 

toyomura

 

 








こちらの記事もどうですか?:


    1 まずは電話やメールで相談 モデルルームやモデルハウスで、自然素材の空間を体感しよう! 2 中古住宅探し 気に入った…


     古紙を再生利用した断熱材、セルロースファイバー新聞残紙などの木質維持(木材の繊維)を主原料としたバラ綿状の断…


    住宅の取得と税金は密接な関係があり、かつその内容は複雑です。 正しく申告しないと、受けられるべき還付を受けられ…


      『みんなで作る家』、これが私たちの家づくりです。   それは、いい家は住み手とつくり手が「一体となったとき…


    H26年度国土交通省『中古不動産取引における情報提供促進モデル事業』に採択されました!     中古住宅流通市…