メニュー

広報ブログ - 「総務・金融」の記事

  • 相続と民法改正 その10(自宅の生前贈与)

    おしどり贈与での遺留分の注意点です。   おしどり贈与で取得した財産は、相続税の計算においては持ち戻しの対象外なのですが、遺留分の計算には含まれることになっています。   &nbs … >>続きを読む

  • 相続と民法改正 その9(自宅の生前贈与)

    さて、おしどり贈与の改正点です。     今回の民法改正で、おしどり贈与された財産は持ち戻しに含めないでい良いことになりました。     前回の計算方法は次のよ … >>続きを読む

  • 相続と民法改正 その8(自宅の生前贈与)

    2週ほどお休みしてしまいました。 自宅の生前贈与(おしどり贈与)の続きです。   おしどり贈与で相続時に気を付けなければならない点として、持ち戻しというものがありました。   持ち … >>続きを読む

  • 相続と民法改正 その7(自宅の生前贈与)

    今回からは自宅の生前贈与です。   だいぶ前に、贈与税の配偶者控除(おしどり贈与)というものを書いたことがありますが、もう一度説明します。 婚姻期間が20年以上などの一定の要件を満たした夫婦 … >>続きを読む

  • 相続と民法改正 その6(配偶者居住権)

    それでは、配偶者居住権についてまとめます。 ・配偶者居住権は「住む権利」のみの相続 ・配偶者居住権の価額は自宅全体の価額より低くなるので、他に現預金などの財産を相続できる余裕が増える。 ・配偶者が死亡 … >>続きを読む

  • 相続と民法改正 その5(配偶者居住権)

    さて、配偶者居住権ですが、当然この権利は配偶者だけのものになり、子供が受けることはできません。   それでは、配偶者が亡くなった場合はどうなるのでしょう?   配偶者が死亡した場合 … >>続きを読む

  • 新型コロナウイルス対策の税制措置

    新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が、5月末まで延長されました。 各種助成金や緊急融資などの対策が公表されていますが、税制について身近な部分だけですが書いていこうと思います。   ・令和元 … >>続きを読む

  • 電子契約について その2

    電子契約の続きです。 今、テレワークをしたくてもできずに会社に出勤してる人がたくさんいます。 出勤せざるを得ない理由の一つに、「書類にハンコを押す必要がある」というのがあります。 それを解決する方法の … >>続きを読む

  • 電子契約について その1

    新型コロナウイルス蔓延の影響で、在宅テレワークを余儀なくされている方も多いと思います。 また、当社業務において、契約書を交わすことが必須なのですが、この契約を交わすという行為における、対面しての署名や … >>続きを読む

  • 相続と民法改正 その4(配偶者居住権)

    さて、配偶者居住権のつづきです。 自宅の権利を居住権と所有権に分けるわけですが、居住権とは文字通り住む権利になります。 この居住権は、配偶者の年齢と平均余命から算出され、だいたい次のようになります。 … >>続きを読む