メニュー

スタッフブログ

地味だけど…

 

 

  今回は「かぜたちぬ家」基礎配筋です。配筋検査も無事通過いたしました

             すこし分かりづらいですが、写真で配筋の下に敷いてある立方体のサイコロに似た物がお分かりいただけますか??

 

これは、呼び名もズバリ サイコロ(ピンコロとも呼ぶ)で、「かぶり厚さ」を確保する為に必要な物なのです。

「かぶり厚」とは、コンクリートから鉄筋の表面までの距離のことで、このかぶり厚が確保されていないと、

充分なコンクリートの強度を得られません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、ベースコンクリートを打設して見えなくなる前に、確認する必要があります。

 

 スケールを当てて、測ってみると規定どうりの距離が確認できました。

 

 

 

   地味ですが、1つ1つのことに意味があります。 

 

 

                    工事 田中

こちらの記事もどうですか?:


     住まいに「日本の木」を使うことは、特別なことではありません。しかし、街はコンクリートや新建材でつくられた家が…


    住まいの性能って?電化製品や自動車と同じように、私たちの暮らす家にも ‘性能’があります。それは決して「広さ」や「設備の…


    参加ご希望のイベントにチェックし、お客様情報をご入力の上送信ボタンをクリックして下さい お申し込み前に必ずこちらをご一読…


     隠れたエコロジー素材、コルクコルクは樹皮を採取した後も親木を枯らさず、9年ごとに繰り返し再生する強い生命力を…


    ご要望をそのままカタチに。 住まい手ひとりひとりのライフスタイルや個性に合わせてつくる「自分流の家」。それがO…